キックボクシングのグローブの選び方のポイントを解説したよ!

この記事の総論

初心者にはナックルの確認をするパンチンググローブがオススメです。

実際に戦ったりという練習がしたいという方は大きい16ozグローブがオススメです。

プロを目指す方には自身の階級にあったサイズのグローブで練習することも考えると良いですね!

デザインやメーカーは自身の気に入った物が良いと思います!

前書き

こんにちは!キックタイムズ・編集長の丸山悠美です。

近頃キックボクシングやボクシングを始めたよ!という声をインスタのDMなどでよくいただきます。

同じ趣味を持つ仲間が増えることはとっっても嬉しいことです!

一緒に上達できれば光栄です。

 

その時によく聞かれるのが、グローブってどんなものを使ってますか?グローブってどんなものを買えば良いですか?

というのを良く聞かれます。

ということで今回はキックボクシングを始めるにあたってのグローブの選び方について解説させていただきたいと思います♪

ちなみに使っているのはミットやサンドバックを打つ時はTOPKINGというブランドのパンチンググローブを使っていて、スパーリングや受け返しなどの対人練習をする時はショックの少ないTWINS16ozグローブを使用しています。

グローブってどんな種類があるの?

そもそもグローブにはどんな種類のものがあるのでしょうか?

薄いパンチンググローブや指の飛び出たオープンフィンガーグローブ・大きいサイズのオンスグローブなどがあります。

そしてほとんどキックボクシングで指先が出たオープンフィンガーグローブを着用することはありません。

理由としてはオープンフィンガーグローブは総合格闘技用に作られたもので、間接技をかける為に指が出ています。

打撃しか打たないキックボクシングではオープンフィンガーグローブで指が出ていては相手の眼などをついてしまうサミングなどでより危険になってしまうからです。

初心者のうちはパンチンググローブという薄いグローブを推奨されることが多いのではないでしょうか。

では何故パンチンググローブを着用するのでしょう。

パンチンググローブについて解説

薄いパンチンググローブは拳の硬い、中指と人差し指の付け根の部分(ナックルや拳骨と呼ばれる部分)がしっかり的に当たっているかチェックする為に初心者のうちは使うことが多いです。

ナックル以外の部分が当たってしまうと、自分の手や手首を怪我をしてしまう恐れがあります。

ですので、しっかりと拳の硬いゲンコツを当てる良い癖をつける為に初心者のうちはパンチンググローブをつけることを推奨しているそうです。

パンチンググローブでナックルを当てられないと試合やスパーリングで、大きなグローブをつけた時に余計に当てるのが難しくなります。

上記の理由から初期はパンチンググローブを私も推奨しています。

対人練習をしたい方は16ozグローブがおすすめ!

実際に人と戦う対人練習を行う時にパンチンググローブを着用していては大怪我をさせてしまいます。

そんな時はozグローブ(オンスグローブ)を着用しましょう。

1オンスは28.3495グラムで16オンスは1ポンド=450gです。

一般的にアマチュアの試合の時はこの16ozグローブを使用します。

またプロ選手の方達も普段の練習のではこの16ozグローブを着用しています。

あまり練習で軽いグローブをしていると怪我をして、ダメージを残しやすいからです。

ですから対人練習をする時は16ozオンスを着用するのがキックボクシング界では一般的になっています。

実際に戦いたい人はパンチンググローブの他にも16ozグローブの購入されることをおすすめします!

プロ選手を目指す方には!

プロの選手は体重(階級)によって、グローブのサイズは変わります。

軽量級の方では6ozグローブ、中量級では8ozグローブ、重量級では8オンスor10オンスグローブが使用されることが多いようです。

プロ選手を志望されている方には自身の階級にあったグローブで、サンドバックやミット打ち、すごい軽いスパーリング等を行うこともおすすめします。

実際に戦うグローブで練習することは少しでも実戦との誤差をなくすのに良いと思います。

自身の階級をしっかり把握して動いて行くのも大切ですよね。

メーカーやデザインの選び方は?

気になるブランドやメーカーなどの選び方は!?

色々なメーカーやブランドがありますね。

でも今の時代はそんなに価格に差が大きくない限り、性能にも差がないものが多いそうですよ!

なので自分がはっきりと「これがいい!!」と言えるグローブを選ぶことが大切です。

私は白が好きなのでその中で一番可愛かったトップキングのグローブを直感で選びました。

とても気に入っているので壊れるまではずっと愛着を持って使い続けたいです!

動画でも解説しています!

能見さんが動画でもグローブの選び方を解説していますのでよかったら観てくださいね!

メーカーなどについても説明してくれています。

あとがき

皆様もお気に入りのMyグローブが見つかると良いですね!

用途によって使い分けて、しっかりとナックルが当てられるようになったら後は自分の好みで選ぶのが良いのではないでしょうか。

若干ですが、長さや丸みなどが違ってグローブはそれぞれに個性があって選ぶのも面白いですよ!

 

是非あなたの選んだグローブを紹介してくださいね♡

皆様に負けないように私も練習頑張ります!


YouTubeで一番優しいキックボクシングの基礎動画を配信しています!よろければチャンネル登録もお願いします!

YouTube 『KickTimesチャンネル』はこちら



関連記事:これからキックボクシングジムに通う方が必要なもの

関連記事:キックボクシングは女性のボディメイクの味方♡

関連記事:キックボクシングを始めるのに必要なアイテムをご紹介します♡

関連記事:キックボクシングで引き締め♡

関連記事:バンテージの巻き方♫

The following two tabs change content below.
Yumi Maruyama
Kick Times 編集長。 モデルを中心に、インフルエンサー、デザイナーとして活躍。 2013年に女の子を出産。趣味はキックボクシング、料理。 近年は練習の成果もあって、フィットネスモデルとしても活躍。 好きな練習はシャドーで得意技は肘打ちです♡ キックボクシング愛は誰にも負けません。目指せ試合の解説者! 少しでも皆様にキックボクシングの楽しさを知ってもらいたくて、Kick Timesを立ち上げました。

関連記事

  1. 最近キックボクシングに興味を持った方が注目してほしい日本の大会3選をご紹介します

  2. 新年度から始めよう!キックボクシング・男子編

  3. キックボクシングのベルト(タイトル)って何?詳しく書いてみました!

  4. 編集長が選ぶ!絶対にこのミドルキックを見ずには死ねない注目選手を紹介!

  5. キックボクシング・サンドバックトレーニング解説動画をUPしました!

  6. キックボクシングのオススメ女子向けウエア♫

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク

  1. キックボクシング・ムエタイは軸の意識が大切!これを...

    2021.01.12

  2. キックボクシングの膝蹴りの種類やメリット・デメリッ...

    2021.01.09

  3. キックボクシングの前蹴りのメリットと対処法!

    2020.12.15

  4. 一番キックボクシングの練習をする時に使いやすいマス...

    2020.11.22

  5. キックボクサーが他の格闘家と闘ったらどうなる!?

    2020.11.03