キックボクシングの選手になりたい!適正とは!?どんな人が向いているの。

こんにちは。Kick Timesキュレーターの能見です。

割とはっきり物事を言う。書くというのが特徴の能見です。

今回はキックボクサーはどんな人に向いているの?

という適正記事を書きたいと思います。

 

あくまで、試合をする人(プロ)に向いているかということで、趣味で楽しむのに向いているとかではありませんので悪しからず!!

どんな人が向いているの?

沢山の要素がありますが、下記で説明していく要項、どれも今現在なくてもやっていく内に身に付いていくものも沢山あります!

読んでみて

「あ、俺センスないわ・・・・。」

みたいにならないようにお願いします(笑)

運動神経が良い人!

必須とは言いませんが、とても重要なファクターの一つですよね。

もちろんどんな競技でもいいのでスポーツをしてある程度の功績を残している人程、強くなりやすいとは思います。

私は特にスポーツと呼べるほどのことはしていませんでしたが、運動神経は小さい頃から良い方だったと思います。

適応は早かったですが、特にずば抜けているものもなかったのでキックでもずば抜けてはいませんでした(笑)

幼少の時に運動神経の良さは決まってしまうと言いますが、格闘技はそれだけでは絶対に勝てない競技ですし、運動神経がなくても経験でそれ以上の力を手に入れることができる競技だと思います!

柔軟性があること!

体の柔らかさはとても大事ですね。

私が知る限り、本当に早い速度で蹴りやパンチを打つ選手は、足が柔らかかったり、肩甲骨がグニャングニャンだったりします。

柔軟性があればしなやかさでスピードを生むことができますし、怪我もしづらくなります。

疲れも怪我も堅い方よし、起こりにくくなるのでしっかり練習ができるようになります。

良いことが多いですね。

ストレッチを続けることによって柔軟性はついていくので、毎日きちんとストレッチをしましょうね!

バランス感覚が良いこと!

意外かと思われるかもしれませんが、大切なのはバランス感覚。

パンチやキックを打って体が流れてしまっては相手に隙を与えるだけですし、試合中に転んでしまってはゲームを支配されてしまいます。

日本の選手はあまり気にしている人は少ないように思えますが、私はこのバランスがとても重要だと考えています。

勝ち続けるのに必要な安定感はバランスではないでしょうか。

普段からミットやサンドバック、スパーリングでも打ったらきちんと戻ることを意識しましょうね!

痛みに対して強いこと!

これは外部からの打たれ強さはもちろんですが、精神的な痛みにもです。

試合中に痛い!とか思ったら勝てませんよね。

そしてトレーナーにもかなりしごかれます。

追い込まれます。

そんな日々に耐えられる肉体と精神は必須です。

我慢強い・忍耐強いこと!

上にも似ているのですが、痛みやしごき以外にも減量という敵がいます。

空腹に我慢できることが大切です。

そして周りの家族やファンやサポーターなどにも色々言われることもあるでしょう。

己を貫き通す信念がなければ試合のリングに立つことすらできないのです。

冷静さと感情のコントロールが上手なこと!

試合中に相手が熱くなっているのを待っている選手もいます。

減量期に甘いものの誘惑や、恋人からの誘惑なんてものもあります。

先輩にだって飲みに誘われます。

いつだって冷静に。

そして必要な時には熱くなれる心と頭を持つことが大切です。

いつも第三者視点で冷静に自分を見つめられるくらい柔らかくいられれば、試合中も自分が勝っているのか、負けているのか、どうしたら勝てるのかなども判断できると思います。

心のコントールは本当に大切ですね。

努力の継続ができること!

格闘技は無駄を削る作業だと私は思っています。

いうなれば、カッターナイフで鉛筆の先を尖らすのに似ているでしょうか。

その作業に10年、15年とかかるようなもの。

それが格闘技だと思います。

継続は力なり。運動神経より重要なものがあればこれだけだと思います。

あとは方向性さえ間違っていなければきちんと強くなれると思います。(この方向性が難しいのですが)

これが私は一番の才能なのではないかと思っています。

他の才能がなくても、この才能さえあれば他の全部を手に入れることができると思います。

あとがき

私が見てきた中にたまーに例外の方もいます!

練習より試合の方が強い!とか。

1000人に1,2人ぐらいの割合で。

そんな方はこんな記事すっ飛ばして自分の道進んだ方が強くなれると思いますのでお気にせずに!

 

とにかく大事なのは。

継続と気持ち。

なりたいなら頑張れ!!


関連記事:構えが本当に大事!これを絶対頭において練習しよう♫

関連記事:キックボクシングのミット打ちが綺麗に上手に見えるコツをお伝えします♡

関連記事:これでマスター!連続蹴りのコツを伝授!

関連記事:ジャブとストレートの違いについて答えられますか?

関連記事:首相撲ってなあに?

関連記事:ミット打ちで大切なのは。パワー?スピード?それとも

関連記事:キックボクシングの距離感を理解して上手に相手と戦おう!

関連記事:体幹トレーニングでパンチやキックの速度を上げましょう。

関連記事:キックボクシングの構え方のスキルアップ!重心の位置で戦い方が変わる!

関連記事:キックボクシングの試合で勝つために必要なこととは!?

関連記事:ディフェンスが上手い選手が勝ちやすい!基礎をしっかり抑えましょう。

YouTubeで一番優しいキックボクシングの基礎動画を配信しています!よろければチャンネル登録もお願いします!

YouTube 『KickTimesチャンネル』はこちら


The following two tabs change content below.
アバター
プロムエタイ選手として日本とタイで試合を重ね、現在は格闘技のトレーナーをしながら業界初の格闘技コンサルタントとして活躍中。 KNOCK OUTやLumpineeBoxingStadium of Japan認定レフリーとしても活躍。 女性の為のキックボクシングプログラム・Beauty Kick Projectディレクター。 特技はWEB制作で、趣味はカフェ巡り。
よろしければ評価・レビューをお願いします!
最低最悪ダメだね普通まあまあ良いね最高です!
(1 投票, 評価平均値: 5.00)
読み込み中...
5段階評価になります。

関連記事

  1. 目指す方必見!キックボクシングインストラクター・トレーナーに必要な能力って?

  2. 是非見てほしい現代の兄弟キックボクサー!

  3. キックボクシングのリングについて詳しく書いてみました!

  4. キックボクシングをするのに必要な体を作る栄養素!

  5. 今知っておきたいオススメ格闘女子を紹介!

  6. これからキックボクシングを始める人が知っておきたい選手!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク

  1. 本当に役に立つキックボクシングYoutubeチャン...

    2020.02.14

  2. キックボクシング・ローキックの蹴り方とディフェンス...

    2020.02.03

  3. キックボクシングのグローブの選び方のポイントを解説...

    2020.01.21

  4. キックボクシング・ムエタイトレーナーが選手に対して...

    2020.01.17

  5. 女性がキックボクシングで本当に痩せる?消費カロリー...

    2020.01.02